おやつが虫歯を生んでいるのか

おやつを食べると、虫歯になると言われています。だから、おやつを摂らない。そんなことになってしまうと、心の平穏が心配です。
おやつには、カロリーという面での影響だけでなく、美味しいものを食べるという面において心の栄養ともなるもの。実際、例えばとても疲れているときに、一粒のチョコレートを口にするだけで疲れが取れたような気持ちになることがあります。
それは糖分が脳の栄養となっているからです。私たちの体は、肉体だけでなく脳も多くの栄養を必要としています。何かを考え選択するとき、脳は多くの栄養を必要とします。糖はそんな脳の栄養となっているもの。ですから疲れているときに糖分が体に入ることで、脳は栄養を得られ、それによって私たちは疲れが軽減したと感じるのです。
多くの糖分で作られるおやつは、こうした私たちの身体に欠かせないものでもあるのです。しかしそんなおやつの糖分は、脳の栄養となるものでも、一方では虫歯を生み出すもの。必要な栄養素である一方、虫歯を生む悪者と認識している方も多いものです。
しかし、おやつは本当に悪者なのでしょうか。実際、おやつを食べたすべての人が虫歯になっているわけではありません。中にはおやつを食べても虫歯にならない人もいます。
つまりおやつが虫歯を生む悪者ではない可能性もあるということ。その可能性を理解するには、何故虫歯が生まれるのか、そしてその虫歯との関係はどうなのかを把握するのが一番です。この関係を理解することで、おやつを賢く摂る方法を理解し、虫歯を予防することもできます。そこでそんなおやつと虫歯の関係について調べてみました。

お口にとっておやつは本当に悪者なのか

おやつが大好き。それは子供だけでなく大人でも多いもの。しかしおやつを食べると虫歯になってしまう。そんな心配も生じてくるところでしょう。しかし本当におやつを食べると虫歯になるのか。おやつと虫歯の関係性についてご紹介します。本当の悪者はおやつではないかもしれません。

どんなおやつが虫歯になるのか

虫歯にならないためのおやつの摂り方としては、虫歯になりやすい環境に導かないためのおやつ選びが欠かせません。そしてこのおやつ選びは賢いおやつの摂り方に欠かせないポイントでもあるのです。おやつを悪者にしないための選び方とはどのようなものなのか、その種類と併せてご紹介します。

おやつをいつ食べると虫歯になるのか

おやつの選び方はもちろん、その選んだおやつも食べ方に配慮することで、さらに虫歯予防を促すことができます。そこでポイントとなるのが時間です。いつ、どのタイミングで食べるのかということはもちろん、食べている時間も虫歯の発生には関係します。そこで時間的な角度からみる虫歯予防についてご紹介します。