お口にとっておやつは本当に悪者なのか

虫歯を生むのはおやつなのか

甘いおやつはとても美味しいもの。子供も大人も笑顔になるものです。でも、そんな美味しいおやつを食べると虫歯になってしまう。昔から言われてきたことです。しかも実際に多くおやつを食べた人の方が虫歯になる確率が高いともいわれており、結果的におやつを食べることは虫歯になるリスクがあることと考えている方も多いことでしょう。
しかし同じようにおやつを食べても虫歯にならない場合もあります。本当におやつが悪者ならば、すべての人が虫歯になるはずなのですが、虫歯になる人とそうではない人がいます。
おやつと虫歯との関係は、この虫歯になる確率が大きなポイントとなるものなのです。虫歯はそのポイントを理解することで予防することができます。つまりおやつを賢く摂る方法を理解することで、虫歯になるリスクを下げることもできるというわけです。

虫歯を生むものの正体とは

虫歯の正体はおやつではありません。つまりおやつそのものが虫歯を誕生させているのではないのです。では、虫歯の正体とは何か。虫歯は細菌によって生み出されています。お口の中には多くの細菌が住み着いていて、そのうちのミュータンス菌などの細菌が虫歯を生みます。
細菌は汚れや歯垢が大好き。かれらにとっておやつは養分となるものです。おやつを食べた後、そのカスや汚れがお口の中に残っていると、細菌たちはそれを養分として活性化します。本来、お口の中は中性に近い弱酸性の状態にあるのですが、細菌たちが活性化して酸を生み出し、おやつを食べた後はお口の中が酸化してしまうのです。酸化したことで、歯のミネラルは酸によって溶け出してしまいます。これを脱灰といいますが、この脱灰が進むと虫歯になってしまう。
つまり細菌たちが好む環境にしないことこそ、賢いおやつの摂り方といえるのです。


この記事をシェアする